国産だと安心だけど値段が・・・

ドッグフードを無添加の国産のものに変えてから我が家のトイプードルは食いつきが抜群になりました(゚д゚)
無添加だからなのか、国産だからなのかわかりませんが、犬にも味が美味しいとかあるんでしょうね。前のと比較して食いつきが凄いです。

 

海外のものをあげていたんですが、食べてくれなかったり残してしまうこともありましたが、今のに変えてからは残さずサクサク食べてくれるようになりました。
いっぱい食べるようになって健康状態もよくなったのか、元気いっぱいになりました。

 

遊んでも遊んでも元気がありあまっている状態になってしまったので、飼い主としては嬉しいですが、疲れますね。でも病気とか無いのは嬉しいです。

 

ワンコにとっても体にいいものって美味しいみたいですね。犬も美味しいものが分かるんだと思います。食べる量が明らかに増えて、ドッグフードの器までペロペロなめて、「もう無いの?」って顔してきますからね。

 

>>おすすめの国産ドッグフードはコレ!

 

市販で国産のドッグフードを買うようになったのは以前、ママ友の陽子の家にトイプーを連れて遊びにいったときがきっかけです。
二人で旦那の愚痴とか子育ての話とかをしていたら、友達の家のポメラニアンとうちの子がいなくなったんですね。

 

それで、何をしていたかというと、ポメちゃんが食べてる国産で無添加のご飯を一緒に食べていたんですね(゚д゚)しかも、うちで食べている時よりガツガツ食べてて食いつきが全然違いました。

 

それで家に帰ってからドッグフードをあげても全然食べてくれなくなりました。
あの食い付きを見てしまったのと食べる勢いが全然ちがうのがわかってから、うちの子もちゃんとしたものを食べさせてあげようと思っちゃいました。

 

最初は国産とか無添加のドッグフードは高いと思ってのが、実はお店や専門店で買うと高いだけだったんですね。
ペットショップとかで買うと高いんですが、通販で買うと全然値段が違います。安いです。

 

ペットショップで販売しているものは物流のお金とか、販売手数料とかが入っているので高くなっているそうです。お店も商売ですからね。

 

それで、陽子の家で食べさせてもらったドッグフードを教えてもらって、スマホ注文しました。全然コスパが良かったです。
ホームセンターで良く大袋で売っている700円のとか、有名なぺディグリーとか、ゴン太とかと比べると安くないですが、思っていたより安くて助かりました♪

 

通販だと持って帰らなくていいのもいいいですね。ドッグフードってほんとに重いですからね。子供を担いでいるだけで肩も腰も疲れてますからほんとに辛かったです。

 

国産で無添加のご飯にしてからはなぜか口臭とか体臭が気にならなくなりました。下痢も減り糞もキレイな固形が多くなりました。
お世話になっている獣医さんに聞いてみたんですが、市販のものに多く入っている添加物が良くなかったみたいです。

 

腸内に添加物がたまってしまうと、ちゃんと消化できなくなってそれが臭いニオイや毛つやがなくなる原因になるそうです。

 

最近の国産のドッグフードは人間と同じ食品を原材料にしているのもあって、そりゃあ食いつきも良くなるわけだわな(゚∀゚)

 

コスパの良い国産市販のドッグフードを選ぶコツ

ドッグフードで国産で市販のものはいっぱいあってなかなか選ぶのも大変です。

 

もの凄く高い最高級のものばかりを買うのは家庭にもやさしくないですし、かといって、ドラッグストアとかにある安すぎるものは保存料や添加物が多くて怖いし。

 

 

私はたまたま友達の家に行ったのをきっかけに、国産無添加のドライフードを見つけることができました。

 

でも、国産だからとかよりも、ゴールデンレトリバー、しば犬、フレンチブルドッグといったワンちゃんの犬種によっても好みも違うので色々試してみるのはおすすめです。

 

私も国産の無添加のドッグフードにしてからは無添加とか、獣医が監修しているのとか、ウェットタイプとかいろいろ試してみました。
その中でおすすめできると思ったドッグフードの特徴から、私なりに思う選び方の基準についてお話しますね。

 

 

国産のもので新鮮な原料を使っている

ワンコが残さず食べて暮れるドッグフードは人間も食べれる新鮮な材料を使っているものが多いです。
チキンとか、魚とか、ラム肉とか、馬肉とか人と同じ食品を原料にしているものが美味しいみたいで食いつきが良いです。

 

人間が食べられないものを自分の家族であるワンちゃんに食べさせるのはやっぱり良くないみたいです(´Д`)
原材料が悪いと、おいしくないので、脂肪や、塩分、タンパク質などを人工的に添加して美味しくするんですがこれがワンちゃんの体に良くないみたいです。

 

スーパーに売っている安いけど凄いキレイなピンクの鶏肉って、美味しく見えるように着色料とか保存料を使って見た目を良くしているんですね。

 

犬の専門家が開発に関わっている

 

獣医師さんとかが関わっているドッグフードはやっぱり安心ですし、うちの犬もしっかり食べてくれます。体によいものと悪いものってやっぱり専門家じゃないと分からないと思うんです。

 

人間が病気になったりしたときもお医者さんに食事制限をされたりしますが、食べていいものと食べちゃいけないものをはっきり教えてくれます。
薄味だったり、タンパク質が少なめだったり、脂が少なかったりします。

 

ワンちゃんのドッグフードも同じようにワンコにとって健康的で長生きできるものがいいですからね。病気になったり、アレルギーがでたりしたらかわいそうです。

無添加なもの

 

スーパーに大袋で安く売っている市販のドッグフードは酸化防止剤という添加物が沢山はいっていますが、商品の賞味期限を延ばして長持ちさせるものです。
人間の食べ物もこの酸化防止剤とか塩分がしっかりはいっているものは腐らないので長持ちします。
逆に、保存料とか、塩分がすくないものは長持ちしないですが、ワンちゃんの健康にとってはよいものです。

 

甘味料とか増粘剤とかがそうですが、美味しくするための味付けをする余計な添加物が入ってない無添加のものは栄養があってちゃんと食いつきが良いです。栄養バランスとか栄養成分とかがいいとかじゃなくて、やっぱり良く食べてくれます。

 

気になる値段も無添加だから高いわけじゃなくて、毎日一本ジュースがが買えるぐらいの値段ですし・・・

国産市販でおすすめのドッグフード一覧

私がうちのワンコにあげてみて食いつきがよかった国産の市販のドッグフードをまとめました。

 

海外産のペットフードも人気があるものがありますが、獣医さんとかに聞くと、はっきりはいいませんが日本産のもの方がいいという方が多いです。
自分も国産の食品だと安心ですし。少しだけ高級ですけど、健康で長生きしてくれるならやっぱり国産のものがいいですね。

 

もし同じように考えている方の参考になれば嬉しいです^^

 

 

Dr.(ドクター)ケアワン

 

Dr.(ドクター)ケアワンは一番長く愛用してるドッグフードです。
国産、無添加で獣医さんも監修と、三拍子そろっています。コスパも食いつきも良い。

 

あと、毛ツヤが良くなり、体臭や口臭が気にならなくなりました。腸内の環境が良くなるので臭いニオイや、糞にも関係するんですね。

 

獣医が監修してるというのもあるんですが、うちのワンコが美味しく食べて健康になってくれてるのがやっぱり一番のお気に入りポイントです。

 

老犬になっても健康でいて欲しいので、幼いパピーのころからいっぱい食べてもらっています。長生きしてくれるといいです。

 

>>Dr.ケアワン無添加ドッグフードの詳細はこちら

 

ナチュロル

ナチュロルはうちで初めて使った国産無添加のドッグフードです。とにかく食いつきが良かったのを覚えています。
ナチュロルは100円からお試しができます。

 

ナチュロルは小麦も穀物も入っていないので、グルテンやグレインにアレルギーがあるワンちゃんにおすすめ。

 

うちのトイプードルは初めて国産無添加のこれに変えてから食いつきがよくなり、毛並みがすごく良くなりました^^

 

初回お試ししてみてイマイチだったら、初回から8日後に2回目の発送が始まるので、キャンセルの連絡をすれば定期便を解約できます。安いのに定期縛りがなくて電話でちゃんと解約できます。

>>ナチュロルの詳細はこちら

 

 

馬肉自然づくり

 

馬肉自然づくりは馬刺しを専門店の国産の馬肉が原材料になっています。

 

ラム肉とか、牛肉とか肉系のドライフードが好きなワンコにおすすめ。馬肉といっても海外産ではないです。

 

私のママ友でも穀物系のドッグフードだとだめだったけど、馬肉のを試してみたら食べてくれたという人もいます。

 

私は九州料理屋さんにいったら必ず馬刺しを食べてしまいます。ヘルシーですし、くせがなくて美味しいんですよね。栄養があるのに低脂肪です。
うちの子は飼い主に似ず、馬肉が苦手だったので途中から食べなくなってやめました。好みが分かれるのかも。

 

>>馬肉自然づくりの詳細はこちら

口臭や体臭を改善するにはサプリがよい?

 

前に、犬の専門家の友達にドッグフードの選び方を教えてもらった時、ワンちゃんの健康の話とかを一緒に聞きました。
腸内環境が悪化すると口臭や体臭の原因になったり、ドッグフードの栄養をちゃんと吸収できないそうです。

 

添加物が腸内にたまってしまうと、腸の壁にいっぱい添加物がついてしまったり、腸内の菌が死んで減ってしまうそうです。ドッグフードやサプリで腸の健康状態を整えるとよいと教えてもらいました。

 

>>獣医監修サプリキュアペットの詳細はこちら

国産市販のドッグフードの疑問

ドッグフードに添加物はどうして必要なの?

市販のドッグフードは賞味期限や消費期限を長期間にするめに酸化防止剤や保存料、防腐剤が沢山入っています。
スーパーとかで大袋で安く売るために長期間保存できるものを作る必要があるんですね。

 

特に注意したい防腐剤はエトキシキンやブチルヒドロキアシアニソール、ジブチルヒドロキシトルエンなどです。
名前を見るだけで明らかに体に悪そうですよね(。・д・。)

 

家畜の飼料に使われたりしているもので、発がん性があったり、歩行が旨くできなくなったりする危険な成分です。
これらが入っているかどうかなどが良いドッグフードのチェックのポイントだと思います。

 

あと、安い原材料や、粗悪な原材料を使ってドッグフードを作る場合は美味しくないので、甘味料とか塩化ナトリウムとかで味を調整します。
ペットがお水を沢山飲む場合は塩分が過剰かも知れません。

 

塩分が過剰になると血圧が上がって心臓や腎臓にも負担がかかってしまいます。

 

ペットショップで買うとどうしてあんなに高いのに通販だと安いの?

ペットショップで売っているドッグフードはニュートロ、ロイヤルカナン、アイムス、ブルー、ブラックウッド、などのことです。

 

一番違うのはやっぱり栄養分です。スーパーの大袋のもの比べたら栄養成分が含まれる量が全然違います。

 

 

スーパーで売っている1kgで600円とかのドッグフードの値段を考えてみます。

 

そうすると、値段のほとんどは広告宣伝費やお店での販売手数料、物流コストなどに使われていて、本当に大事な原材料費はほんの少しです。

 

原材料費を安く抑えるためには栄養がしっかり入ってて、長期保存が利かない、国産の材料、無添加、などはメーカーとしては現実的に無理です。

 

商品の値段が高いのは高い理由があって本当に大切な原材料の部分にお金をかけているということです。
添加物も入れておらず長期保存ができないので、大量生産ができないのも値段が高くなってしまう理由です。

 

国産で無添加のものなどは原材料、原産地、あとはメーカーが違うので専門店のもののほうが安全だとおもいます。

 

こうした良質なドッグフードはペットショップなどで買うと高級な気がしますが、実は通販で直接メーカーから買うようにするとコスパが良いです。

 

愛犬に長生きして欲しいならちゃんと美味しくて栄養があるものを食べさせてあげたいですね。
人間だって安くて変なものばかり食べている人は肌ツヤも、髪の毛のツヤもなくて元気がないですよね。